低資金でも開業できるフランチャイズビジネスに触れたビジネス情報サイト

>

低資金でも開業できるフランチャイズの長所と短所

低資金で開業可能なフランチャイズビジネス

フランチャイズビジネスの強みとして、フランチャイズに加入するとブランド化された商品やサービスとマニュアル化されたノウハウに基づく経営が行える点があり、経営のイロハを知らない個人事業主であっても、余程の悪条件が重なるかマニュアル化されたノウハウの一切を無視でもしない限りは、ある程度、経営を継続することができますが、マニュアル通りの店舗を建てるために開業資金が余分に必要となることもあります。

これがいわゆる、ビジネスフォーマット型のフランチャイズであり、300万円以上はかかる最も開業資金のかかるフランチャイズですが、あくまで、店舗まで含めて用意しなければならない商品販売を主体とした場合の話で、サービスを提供するタイプであれば、100万円もあれば事足りますし、店舗を含めて用意するビジネスフォーマット型であっても、自力で用意するのに比べれば、低資金で済むでしょう。

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズに加入すれば、フランチャイズ提供元のブランドを持つ商品やサービスを販売できる上に、経営のノウハウまでマニュアルとして利用できるため、マニュアルに従って経営を行えば、事業経験を問わずに一定の利益を上げることは難しくありませんので、ロイヤリティーを支払ってでもフランチャイズに加入するメリットは十分ありますが、フランチャイズは慈善事業ではなくビジネスモデルであり、必ずしもメリットばかりではないのです。

具体的なデメリットとして、フランチャイズの提供元や系列店が自らのブランド価値を貶めるような不祥事を起こすと、系列店である関係上悪影響を避けられず、ブランドイメージを守らなければならないことから、マニュアルの範囲内でしか事業主の意向を事業に反映できない自由度の低さが挙げられるでしょうか。