低資金でも開業できるフランチャイズビジネスに触れたビジネス情報サイト

>

フランチャイズビジネスで成功するために

そもそもフランチャイズビジネスとは

今やフランチャイズやフランチャイズビジネスという言葉は珍しくもありませんが、フランチャイズないしフランチャイズビジネスとはブランドとしての商品やサービス、営業のノウハウを店舗名と共に貸し出すビジネスであり、全国展開のコンビニエンスストアやラーメン店、ファストフード店などが典型例で、フランチャイズを展開する側は統一性を持つ一つのブランドとして商品やサービスを提供することとロイヤリティーを目的に行い、フランチャイズに加入する側は、あらかじめブランド化された商品やサービスに加え、営業のノウハウを利用できます。

端的に言えばチェーン店なのですが、直営のチェーン店とは違い、ロイヤリティーの支払いを条件にフランチャイズの展開を行っているため、本来のチェーン店に比べるとブランドを毀損するリスクが高い点が特徴的です。

フランチャイズビジネスのタイプ

日本におけるフランチャイズビジネスとしては、フランチャイズを展開する側がブランド化した商品やサービスとマニュアル化されたノウハウを提供し、個人事業主に貸し出しロイヤリティーの支払いを求める、ビジネスフォーマット型がメジャーであり、日本でフランチャイズと言えば、ビジネスフォーマット型がスタンダートですが、フランチャイズのタイプはビジネスフォーマット型しかないわけではありません。

例えば、あらかじめ直営店と遜色ない状態の店舗を用意しておき、フランチャイズ契約を結んだ相手に開閉キーを渡せばすぐさま営業可能なターンキー型、同じ業界内の同業者と契約を結び、業界人としてのノウハウを生かして働いてもらう、コンバーション型など、ビジネスフォーマット型と合わせて3タイプがあります。