低資金でも開業できるフランチャイズビジネスに触れたビジネス情報サイト

低資金で開業できるフランチャイズビジネスについて

フランチャイズビジネスとビジネスのタイプ

加入に際しロイヤリティーが生じるとはいえ、既存のブランドを持つ商品やサービスを扱える上に、経営ノウハウをまとめたマニュアルを利用できることから、フランチャイズでの開業は、業務経験のない個人事業主であったとしても、マニュアルから逸脱しない限り、即座に失敗することは考えにくく、滅多なことでは失敗するリスクは限りなく小さいのみならず、業種によっては100万円という低資金でも開業可能なため、ローリスク・ローリターンな傾向が強いと言えるでしょう。

フランチャイズのローリスクローリターン傾向が強いことは間違いありませんが、フランチャイズが失敗しにくいことは、フランチャイズが失敗しないことを意味するわけではなく、残念ながらフランチャイズであっても経営に失敗するケースは少なからず見受けられます。

典型例として、資金不足や経営能力の不足が挙げられるものの、これらはフランチャイズ特有の失敗要因ではなく、全ての事業の失敗に共通するものに過ぎませんが、フランチャイズ特有の失敗要因としては、契約条件の誤認ないし確認不足により、フランチャイズ提供元からのサポートを受けられなかったパターンが想定される他、競合他社の進出に伴う顧客の流出といった外的要因も、想定され得るフランチャイズの失敗要因です。

フランチャイズで成功を収めるためには、業務経験がない個人事業主であっても始められるとはいえ、経営の基礎的な知識は最低限学んでおき、資金繰りの入念なシミュレートを重ね、フランチャイズ契約に際しての書類確認を徹底的に行う事が、基本中の基本となることをご承知おきください。